シニアにお勧め!-NHKの5分間健康体操、「みんなの体操」

いつの間にか古希を過ぎてしまい、糖尿もあり健康のためなるべく運動をしないとダメなので、しっかり歩かねばと思っています。

私の仕事場が自宅から徒歩25分くらいのところにあり、徒歩通勤がピッタリなのです。

がしかし、意思が弱い私は、今日は雨だ、暑くて熱中症が恐い/ちょっと寒い、買い物があるから、など、自分に口実を見つけて、ついつい車で行ってしまいます。

そういう毎日でなかなか運動ができません。
そこで、見つけたのがNHKの5分間体操、「みんなの体操」です。
NHKのEテレで平日9:55~10:00の5分間体操です。

NHK民の体操、健康体操

私はビデオに録画して毎朝仕事に出る前に5分間体操をやって、頭を寝ぼけから仕事モードに切り替えて家を出るようにしています。

体操のメニューは別にテレビのとおりにやる必要もないので、2階の部屋でもあり飛んだり跳ねたりするところは適当に変えたり、身体を反る動きを入れたり、オプションで腕立て伏せ30回を入れたりします。

5分間体操ですが、結構、身体がほてり、何か血行が良くなった感じがします。
また、体操をするとその日の自分の体調や気分の良しあしも感じられます。

体操をさぼったり、オプションで腕立て伏せ30回をやりたくない時や10回に減らすときは、
少し元気がないときです。

私のように普段あまり運動しないシニアの方には手軽にできるお勧めの健康体操です。

自宅でいつでもできるしビデオを掛ければすぐに体操できます。朝忙しい若い方にもいいかもしれません。

次がYouTubeの「みんなの体操」の動画です。

この記事を書くために、NHKの「みんなの体操」のWEBページを見てみました。

体操の図解もありダウンロードできるのですね。出演者も紹介されており、体操指導の先生もアシスタントの方も体育大学出は当然でしょうがそうそうたるキャリアの方がやってくれているのですね。
新体操出身とか、AGG(*)四大陸大会優勝の経歴の方もいました。

(*)AGGとは?
私はAGGは何か知らなかったのですが、新体操とは異なる芸術性・物語性を重視する団体体操のようです。

「Aesthetic Group Gymnasticsの略称です。「エージージー」と読みます。直訳すると、「美的 芸術 体操」…なんのことかわかりませんが、徒手で行う団体体操で、物語性や動きの美しさなどが評価される芸術的なスポーツです。」

ピアノ演奏の方も、エレクトーン全日本大会グランプリ受賞とか東京芸大卒のプロの方で、伴奏ではもったいないくらい。たまには独奏してもらいたいくらいです。

「ラジオ体操」が始まったのが1928年(昭和3年)とのことですから、もう91年もの歴史があるのですね。

そういえば、子供の頃の夏休み、朝早く起こされて眠い眼をこすりながら、近所の広場に集合して「ラジオ体操第一」を毎日やったことが懐かしく思い出されます。

 

 

Follow me!